大阪市西区 田中鍼灸整骨院

休みのお知らせ

毎月第4木曜は休みとさせて頂きます

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願いします

田中鍼灸整骨院では、本当に効果的な独自の治療法.矯正法を行っています 色々な所で治療を行っても、良くならない場合は、ぜひ一度ご来院下さい

大阪市西区 田中鍼灸整骨院の治療方法

 

独自に考案した骨格矯正/背骨矯正/骨盤矯正・バイタルリアクト セラピー・活法整体・鍼灸・吸玉・カウンターストレイン・ ダイナトロン950Plus・気功・操体法・AKA の中から、 その時の患者さんの状態に合わせて最適な治療法を行っています

 

急性の寝違え・ギックリ腰等の治療方法

 

(腰〜背中の筋肉が緊張して盛り上がり方が違うのが、ダイナトロン950Plusと鍼で改善しました)
 
むち打ち・首痛・ギックリ腰・捻挫・打撲等、急性の痛みの場合は、 まず刺激が無く、痛みを減少させる治療を最初に行います

 

不調の原因が骨盤・背骨の歪みの場合

 

(骨盤矯正とバイタルリアクトセラピーを行った施術前後です)

 

調子が悪い原因が背骨・骨盤・骨格の歪み・骨格のズレに 関係していると思われる場合は、 最初に矯正を行います

 

矯正の方法は色々な矯正方法を実際に行って、安全で本当に効果が 優れた方法を行っています

 

衝突等の特殊な歪みの場合

 

又、独特な歪み・ズレの場合、患者さんの体を観察し、自分で発見した矯正方法も多く有ります

 

衝突した、押された等の外力が関与する歪み・ズレの場合は、一般的な矯正方法では対応出来ません

 

外力の加わった方向・歪んだ形等を考慮して、一人ひとりに合った矯正方法を行います

 

どこに行っても治らなかった歪み

 

どこの治療院でも治らなかったと患者さんが言う、骨格/背骨/骨盤の歪みでも、私は患者さんを観察し、一人ひとりに応じた独自の矯正方法を行っていますので、殆んどの場合は正常な位置に矯正できます

 

筋肉・靭帯・腱・末梢神経以外の不調の場合

 

又、整骨院で扱うのは末梢神経が関与している筋肉の損傷・体各部の痛み等ですが、これら不調部分が改善しない原因には、

 

自分の体を守る為の反射が関係していたり、緊張状態・リラックス状態に関係している自律神経の不調が原因の場合が有ります

 

田中鍼灸整骨院では、この様な事が原因の場合には、末梢神経だけでは無く、上位中枢の治療も行います 

 

追加料金は必要ありません

 

又、全ての人に最善の治療を行える様に、バイタルリアクトセラピー、骨盤矯正、背骨矯正等も別料金を頂かずに行なっています 骨格/背骨/骨盤の歪み・体の不調でお悩みの方は諦めずにお越し下さい

 

骨矯矯正を行なった患者様の感想 

 

骨盤矯正 背骨矯正の治療を行なった患者様の口コミ

 

バイタルリアクトセラピーを行なった患者様の感想 

 

バイタルリアクトセラピーの治療を行なった患者様の口コミ

 

鍼を行なった患者様の感想 

 

鍼治療を行なった患者様の口コミ

 

寝違えの患者様の感想 

 

寝違えの治療を行なった患者様の口コミ

 


腰痛 ギックリ腰の患者様の感想 

 

腰痛 ギックリ腰の治療を行なった患者様の口コミ

 

 

鍼灸整骨院が初めての方へ

 

何を行なう所か鍼灸整骨院について説明します

 

1 鍼灸整骨院の先生の資格について
2 鍼灸整骨院は何を行なう所なのか
3 鍼灸整骨院と、整体の違いとは
4 鍼灸整骨院と整形外科の違いとは
5 鍼灸整骨院は保険取り扱いなのか

 

1 鍼灸整骨院の先生の資格について

 

整骨院の先生の資格は「柔道整復師」という国家資格です

 

厚生労働大臣認可の専門学校、若しくは大学で、専門知識を身につけ、卒業時に財団法人 柔道整復研修試験財団が行う国家試験に合格しなければ柔道整復師になれません

 

鍼灸院の先生の資格は「はり師/きゅう師」という国家資格です

 

「柔道整復師」と同様に厚生労働大臣認可の専門学校、若しくは大学を卒業し、国家試験に合格する必要が有ります  

 

鍼灸整骨院は「柔道整復師」と「はり師」「きゅう師」の全ての国家資格を取得する必要が有ります

 

2 鍼灸整骨院は何を行なう所なのか

 

整骨院は、薬や注射以外の方法で、体の不調や痛みに対して治療を行なう所です

 

鍼灸はWHO(世界保健機関)が鍼灸の有効性を認めた疾患は、下記のものが有ります

 

鍼灸整骨院は整骨院が扱う疾患と鍼灸院が扱う両方の疾患を扱う所です

 

【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

 

【運動器系疾患】
◎腰痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)関節炎

 

【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防

 

【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

 

【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 

上記疾患のうち ◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛 は、日本では、鍼灸の健康保険の適用が認められています

 

これ以外に、乗り物酔いにも私は有効と思います

 

3 鍼灸整骨院と、整体院の違いとは

 

鍼灸整骨院は「柔道整復師」「はり師」「きゅう師」という厚生労働大臣が認可した国家資格を所有している人が施術します

 

整体院は「整体師」が施術を行ないますが、国家資格では無く、民間団体が認めた資格です 

 

又、民間資格も所有していない所もあります

 

国家資格では無いので、健康保険は使えません

 

4 鍼灸整骨院と整形外科の違いとは

 

整形外科の資格は「医師」です

 

整形外科はレントゲン検査、手術、投薬を行うことができます

 

柔道整復師にはこれらが出来ません

 

手術が必要な程重症な場合は、整形外科が良いと思います

 

しかし、誰しも体は1つなので、医師は重症な場合を治す勉強を優先して行なう必要が有るので、それ程悪く無い場合の勉強が手薄になると思います

 

手術が必要では無いが痛い、検査やレントゲンでは異常が無いが痛い場合は、あまり治療手段が無く、痛み止めの薬とシップだけで終わりになる場合が多いと思います

 

「柔道整復師」「はり師」「きゅう師」は逆に、重症な場合に出来る事は少ないですが、手術は必要無いが痛い、検査結果は悪くないが不調だという場合の治療手段は多く持っています

 

他には薬は飲みたくない、レントゲン撮影はしたく無いが、痛いのを何とかしたいという場合も「柔道整復師」「はり師」「きゅう師」が向いています

 

レントゲンが撮れないので、骨折を真っ直ぐ繋ぐのは難しいですが、当院には骨折治療後及び、骨にヒビが入った場合等の痛みには非常に有効な機器も有ります

 

5 鍼灸整骨院は保険取り扱いなのか

 

鍼灸整骨院は病院と同様に健康保険を使うことが出来ます

 

国民健康保険・社会保険・組合保険・後期高齢者医療・労災保険・生活保護・母子家庭等医療費助成・乳幼児医療費助成の他、交通事故の自賠責保険も扱う事ができます

 

但し整骨では、急性期「ある程度症状が安定するまで」の骨折・脱臼・打撲・捻挫(手首/肘/足首/膝その他/ギックリ腰等)・挫傷(寝違え・肉離れ等)が、健康保険適応となります

 

鍼灸では、慢性的な痛みのある疾患の内、神経痛・リウマチ・頚肩腕症候群(首、肩、腕の筋肉や靭帯の痛み、しびれ等)・頚椎捻挫後遺症(交通事故によるムチ打ち)・五十肩・腰痛が、健康保険適応(医師の同意が必要)となります

 

鍼灸整骨院で健康保険適応は、慢性的な痛みでは、鍼灸の上記6疾患(神経痛・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腰痛)と、整骨での急性期の痛みになりますので、 痛みが出たら急性期の間に直ぐに通院した方が良いと思います

 

大阪市西区 田中鍼灸整骨院

 

大阪市西区南堀江3-12-26

 

予約優先 TEL 06-7492-8230

 

初診の時はお伝えください