産後の骨盤矯正(骨盤の開き)を選ぶための2つのポイント

産後骨盤矯正(骨盤の開き)を行う治療院を選ぶための2つのポイント

産後の骨盤矯正は必要か? ”骨盤が開く”とはどの様な状態か

 

産後の骨盤矯正は行った方が良いと思います

 

産後の骨盤矯正が必要な理由は”骨盤が開く”からです

 

では”骨盤が開く”とはどの様な状態になっているのでしょうか?

 

そもそも何故骨盤が広がる必要があるのか?と言う事ですが、これは出産の時に赤ちゃんが通過しやすい様にする為です

 

普段は簡単には広がらない様に靭帯で固定しているのですが、リラキシンという靭帯を緩めるホルモンが妊娠3か月から出産後まで出るので骨盤の固定が緩くなります

 

この緩んでいる状態の時に骨盤の中に赤ちゃんが存在したり、出産時に通過すると、赤ちゃんが骨盤を押し広げる事になります

 

この様な仕組みで骨盤が広がるので、赤ちゃんが通過した後、骨盤の上方の関節も下方の関節も左右に押し広げられ、前後方向にも少し広がっている状態です

 

では出産後にリラキシンが出なくなると自然に骨盤が元の状態に戻るのかと言う事ですが、一度広がった骨盤の関節部分は外力を加えないと、自然に元通りに戻るのは難しいと思います

 

その為に開いた骨盤を戻すという事を行うのですが、ここで注意が必要です

 

それは支点となる関節部分が上下の2ヶ所有り、上部は後方、下部は前方に関節部分が有ると言う事です

 

と言う事は、外部から1箇所に圧力を加えて矯正する場合、上下2つの関節の間に外力を加える必要が有ります

 

支点となる関節よりも外方に圧力を加えると、上下反対側の関節を広げる力が加わり、症状が悪化する可能性があります

 

自分でベルト等を巻く時の目安の場所で言うと、骨盤の上方で前側の出っ張った部分(上前腸骨棘)と股関節外側の出っ張った部分(大転子)の間にベルト等を巻くのが均一に圧力が掛かり安全だと思います

 

この様にして骨盤が開いた状態が元に戻れば良いのですが、戻らない場合は治療院等で矯正を受けた方が良いと思います

 

ではどの様に判断して治療院を選べば良いのか私の考えを書いてみます

 

産後の骨盤矯正(骨盤の開き)を行う治療院を選ぶためのポイント2つ

 

1 骨盤のどの部分がどの様な状態になっているか、きちんと説明出来る所

 

2 矯正方法が、開いた骨盤を矯正する為に合理的な所

 

を選ぶのが良いと思います

 

骨盤がどの様な形に変化しているのか理解していないと、正しく矯正出来無いのは当然です

 

骨盤の変化を理解していても、矯正方法を間違うと有効な矯正にならないのも当然です

 

産後の骨盤矯正を始める時期

 

骨盤矯正を始める時期は、出産後に数ヶ月経過してからと言う治療院が多いですが、私は出来るだけ早く始めた方が良いと思います

 

妊娠初期のリラキシンが出始める頃から産婦人科の先生に相談して骨盤が広がり過ぎないようにするのが良いと思います

 

トコちゃんベルトやさらし等を使い弱い力で持続的な圧迫が良いと思います

 

その理由は、捻挫等でも数ヶ月間に渡り関節がズレて靭帯が伸びた状態で放置した後に関節を矯正しても、伸びた靭帯は元通りに戻りにくいからです

 

出産後で損傷している部分が有る場合は影響が心配なので、産婦人科の先生に相談して、なるべく早い時期に弱い力から徐々に行うのが良いと思います

 

当院で行う産後の骨盤矯正は矯正時に上下反対側の関節が広がらない様な工夫を行い、必要以上の強い力を加えずに効果的に関節部分が閉じる様に、力を加える部分・力を加える方向を考慮して矯正を行います

 

※ここに書いているのは、産後の骨盤矯正に対して私が思った事を書いているだけで正しいとは限りませんが、効果的な産後の骨盤矯正の選び方が分からない方の参考になればと思っています

 

 

田中鍼灸整骨院

 

大阪市西区南堀江3-12-26

 

予約優先 TEL 06-7492-8230

 

初診の時はお伝えください

 

受付時間 平日10:00〜14:00 16:00〜21:20

 

木曜16:00〜21:20 土曜10:00〜16:00のみ

 

お気軽にお電話して下さい

 

田中鍼灸整骨院トップ